組織概要
ホーム > 組織概要 > 会長メッセージ
会長メッセージ
 飯田医師会は長野県南端に位置し、飯田市と下伊那郡からなる医師会です。

 一市十三町村からなるこの地域の広さはシンガポール一国に匹敵し、人口は約17万人で全国有数の過疎地帯です。東側は三千メートルの山が並ぶ南アルプス、西側は中央アルプスに囲まれて伊那谷を形成し、その中央はJR飯田線に沿うように天竜川が流れ、太平洋に注ぎます。四季折々の自然に恵まれた山紫水明の地です。また中央道飯田インターチェンジから浜松の東名高速道路へ繋がる三遠南信道が部分開通しており10年以内には全線開通予定です。さらに東京・名古屋を繋ぐリニアーモタカーの飯田駅も設置予定で、この地方には明るい未来があります。 私たち260余名の医師会員はこのような地域に住む人達が、安全で安心して暮らせることを基本理念として活動をしています。

 24時間の診療体制は維持され、病診連携は確立していて患者さんの「たらい回し」のない地域として知られています。
 また人間の尊厳を守りながら最後を迎えられるようにと「事前指示書」を作成し、希望者には配布しています。これは医師会として全国初めての画期的な試みだと思われます。(ホームページに掲載されていますので参考にされれば幸いに思います)。

 これからも私たちは、地域の皆さんの期待に応えられるよう医療・福祉・予防医学に研鑽を重ねてまいります。そして皆さんにますます信頼され、開かれた医師会を目指しますのでよろしくお願いいたします。
古田 仁志飯田医師会会長
古田 仁志